エゾシオガマ   蝦夷塩竈
[学名] Pedicularis yezoensis Maxim
ハマウツボ科 Orobanchaceae  シオガマギク属
三河の植物観察
エゾシオガマの花序
エゾシオガマの葉柄
エゾシオガマ
エゾシオガマの葉
 科はゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
 茎は根元で分かれ、上部ではほとんど枝分かれせず、直立する。葉は下部で対生、上部では互生し、長さ2~6㎝の三角状披針形、重鋸歯縁、基部は切形。葉柄は長さ1~2㎝。花は横向きにつき、白色~白黄色のねじれた唇形花。花冠は長さ約1.5㎝。蒴果は長さ約1㎝。
[花期] 7~8月
[草丈] 15~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山、高山の草地
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州(中部地方以北)
[撮影] 栂池自然園  07.7.27
TOP Back