エゾカワラナデシコ  蝦夷河原撫子
[英名] 瞿麦 qu mai
[英名] fringed pink , large pink
[学名] Dianthus superbus L. var. superbus
Dianthus superbus L. subsp. superbus
ナデシコ科 Caryophyllaceae  ナデシコ属
三河の植物観察
エゾカワラナデシコの花
エゾカワラナデシコの萼筒
エゾカワラナデシコの苞
エゾカワラナデシコ
エゾカワラナデシコの葉
 茎は叢生して直立し、上部で分枝する。茎や葉は緑色~わずかに白粉を帯びる。葉は長さ3~7(10)㎝、幅2~5㎜の線状披針形、中脈は明瞭、基部は茎を抱き、先は尖る。花は茎頂にまばらに数個、上向きに咲く。花は淡紅色、直径は約4㎝。花弁は5個、先が深く細裂する。花弁の爪部(基部の細い部分 claw)は長さ1.5~3㎝。花弁の舷部(広い部分 limb)は長さ約2㎝の広倒卵形。萼は普通長さ2.5~3㎝、幅3~7㎜、萼歯は長さ4~5㎜。苞は2対で、十字に対生する。果実は円筒形。種子は黒色、光沢があり、長さ約2㎜。美ケ原高原や霧ケ峰高原周のものはすべてエゾカワラナデシコ。2n=30
 タカネナデシコ Dianthus superbus var. speciosus(=subsp. alpestris) はエゾカワラナデシコの高山型の変種。茎や葉が白粉を帯び、花色が濃く、花弁の舷部が長さ約3㎝。舷部の先が細かく細裂し、舷部の基部に紫褐色の毛が生える。苞の先も芒状になる。 
 カワラナデシコ Dianthus longicalyx は苞が3~4対ある。
[花期] 6~8月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の向陽地
[分布] 北海道、本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ヨーロッパ
[撮影] 美ケ原  09.8.21
TOP Back