エゴマ  荏胡麻
[中国名] 紫苏 zi su
[学名] Perilla frutescens (L.)Britton var. frutescens
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  シソ属
三河の植物観察
エゴマの花序
エゴマ果実
エゴマの苞
エゴマの葉裏の腺点
エゴマの茎
エゴマ
エゴマ果実
エゴマの葉
エゴマの葉の鋸歯
 中国、韓国から日本に伝わったといわれ、縄文時代の遺跡からも発見されている。食用、油用に栽培され、各地で伝承されてきた品種があり、黒種、白種と呼ばれ、大きさも異なる。現在では栽培されていない地域でも野生化したものが見られる。中国のものには葉が紫色のものもある。種子から採れるエゴマ油(荏油=えのゆ)には必須脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれ、これが体内でDHAやEPAにも変換されるため、健康食品として注目されている。全草に特有の臭いのあるぺリラケトン(perillaketone)などを含み、これが肺水腫や肺気腫を起こすことが知られている。
 茎は4稜形、長い下向きの軟毛が密生又はまばらに生える。葉は対生し、広卵形で、長柄がある。葉質はやや厚い膜質。葉の基部は広い楔形で鋸歯はなく、鋸歯が丸みを帯びることが多い。葉裏には黄色い腺点がある。苞は緑色~紅紫色、卵形~広卵形で、花序下部の苞は横幅が狭い。花序は枝先につき、2花の仮輪からなり、長い。花冠は白色、まれに淡紅色。萼は釣鐘形で、先が5分裂し、果期にはやや大きくなり、長さ約8㎜。萼筒には長毛が密生し、黄色の腺点がある。果実は4分果であり、分果は長さ1.5~1.9㎜(約1.7㎜)のほぼ球形、初めは紫色を帯び、暗褐色、網目模様がある。設楽町などで販売されているエゴマは灰色であり、やや小粒。2n=40。
 レモンエゴマは在来種であり、強いレモン様の臭いがある。エゴマ、レモンエゴマ、シソは容易に交雑が起き、中間型など様々な形態のものがあるといわれている。果実がやや小さく約1.5㎜。
[花期] 9~10月
[草丈] 60~150㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端
[分布] 帰化種  東南アジア(インド、ブータン、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、インドネシア)原産
[撮影] 蒲郡市国坂峠  10.10.22
TOP Back