ブルーエルフィン (ブルーウイング)   
[別名] ブルーウイング、クレロデンドロム・ウガンデンセ
[中国名] 楊梅葉大青yang mei ye da qing
[英名] blue elfin , butterfly bush , butterfly Flower , blue wing , blue cat's whiskers
[学名] Rotheca myricoides (Hochst.) Steane & Mabb.
Clerodendrum ugandense Prain
Clerodendrum myricoides (Hochst.) Vatke
Clerodendrum myricoides 'Ugandense'
シソ科   Lamiaceae   ロテカ属
三河の植物観察
ブルーエルフィンの花
ブルーエルフィンの花横
ブルーエルフィンの花裏
ブルーエルフィンの葉2
ブルーエルフィンの茎
ブルーエルフィン
 ブルーエルフィンの枝先
ブルーエルフィンの花4
ブルーエルフィンの葉
 クマツヅラ科クサギ属(Clerodendrum)からシソ科ロテカ属(Rotheca)に移された。栽培種であり、初めは Clerodendrum ugandenseと名付けられた。1998年にDNA解析研究からRotheca myricoides 'Ugandense'に変更された。
 低木又は多茎の小高木、常緑、高さ2~3m。葉は対生又は3~4輪生し、普通、小枝の先近くに集まってつき、楕円形~狭倒卵形、長さ7.5~15㎝、幅2.5~7.5㎝(野生種は卵形~広楕円形、長さ9㎝以下、幅5㎝以下)、無毛(野生種は上面がビロード状、下面はしばしば、密に羊毛状で淡色)。葉柄は葉の基部が沿丅し不明瞭、縁は粗い歯状。花は少数、頂生及び腋生し、華やか、直径約2㎝、5個の花弁があり、筒部は短い。横向きにつく4個の花弁は蝶の羽根のように見え、薄青色~帯白色、下向きの1個の花弁はやや大きく濃青色~紫色。雄しべは4個、花の上に突き出る。花柱は長く、雄しべの上にかなり突き出て、弓形に曲がり、柱頭は2裂する。柱頭の枝は線形、先が尖る。果実は肉質の核果、直径約10㎜、2~4裂し、若い時は広がった萼に囲まれ、熟すと(赤色~)黒色になる。花期は6~9月。
[花期] 6~9(5~12)月
[樹高] 2~3m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種  アフリカ(広く分布)原産
[撮影] 西尾市  17.8.22
【ロテカ属】 Familiy: Lamiaceae - genus Rotheca
 低木又は亜低木、灌木又は小高木。葉は普通、輪生。花序は普通、疎な集散花序。萼は赤色や紫色になり、中裂~浅裂し、裂片は4~6個。蕾は明らかに非対称。花冠は青色、紫色、白色、まれに黄色。花冠の筒部は長いものから短いものもある。花冠の先は5裂し、開き5個の花弁状になる。前側(下側)の花冠裂片はしばしば他の4つよりかなり大きくなり、色も異なる。葯は普通、底着。柱頭の裂片はしばしば不等形。子房は花時に分裂せず、熟すと分裂する。果実は4裂、又は溝があり、核を4個もつ核果であるが、やがて1種子をもつ4個の分果に分かれる。
 世界に約35種あり、熱帯アフリカやアフリカ南部に分布する。
 100年以上、クマツヅラ科クサギ属(Clerodendrum)に含められていたが、DNAの系統解析により、1998年に復活し、科もクマツヅラ科(Verbenaceae)からシソ科( Lamiaceaeに変更された。
【ロテカ属の種】35種
Rotheca alata (Gurke) Verdc. , Rotheca amplifolia (S.Moore) R.Fern. , Rotheca aurantiaca (Baker) R.Fern. , Rotheca bukobensis (Gurke) Verdc., Rotheca caerulea (N.E.Br.) P.P.J.Herman & Retief , Rotheca calundensis (R.Fern.) R.Fern. , Rotheca commiphoroides (Verdc.) Steane & Mabb. , Rotheca cuneiformis (Moldenke) P.P.J.Herman & Retief , Rotheca cyanea (R.Fern.) R.Fern., Rotheca farinosa (Roxb.) Govaerts , Rotheca hirsuta (Hochst.) R.Fern. , Rotheca kissakensis (Gurke) Verdc. , Rotheca louwalbertsii (P.P.J.Herman) P.P.J.Herman & Retief , Rotheca luembensis (De Wild.) R.Fern. , Rotheca makanjana (H.J.P.Winkl.) Steane & Mabb. , Rotheca mendesii (R.Fern.) R.Fern. , Rotheca myricoides (Hochst.) Steane & Mabb. , Rotheca pilosa (H.Pearson) P.P.J.Herman & Retief , Rotheca prittwitzii (B.Thomas) Verdc., Rotheca quadrangulata (B.Thomas) R.Fern. , Rotheca reflexa (H.Pearson) R.Fern. , Rotheca rupicola (Verdc.) Verdc. , Rotheca sansibarensis (Gurke) Steane & Mabb. , Rotheca serrata (L.) Steane & Mabb[ウスギクサギ]. , Rotheca suffruticosa (Gurke) Verdc. , Rotheca taborensis (Verdc.) Verdc. , Rotheca tanneri (Verdc.) Verdc. , Rotheca teaguei (Hutch.) R.Fern., Rotheca verdcourtii (R.Fern.) R.Fern. , Rotheca violacea (Gurke) Verdc. , Rotheca wildii (Moldenke) R.Fern.

 ロテカ属の主な種と園芸品種
 1  Rotheca myricoides (Hochst.) Steane & Mabb.  ブルーエルフィン(ブルーウイング) 
   syn. Clerodendrum ugandense Prain
   syn. Clerodendrum myricoides 'Ugandense'
 アフリカ(アンゴラ、ボツワナ、ナミビア、ブルンジ、コンゴ、ルワンダ、ウガンダ、スーダン、エチオピア、ケニア、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ザンビア、ジンバブエ、南アフリカ) 原産
  英名はbutterfly bush , blue cat's whiskers , blue lfin , butterfly bush , blue wing
 灌木又は多茎の小高木、常緑、高さ2~3m。葉は対生又は3~4輪生し、普通、小枝の先近くに集まってつき、楕円形~狭倒卵形、長さ7.5~15㎝、幅2.5~7.5㎝(野生種は卵形~広楕円形、長さ9㎝以下、幅5㎝以下)、無毛(野生種は上面がビロード状、下面はしばしば、密に羊毛状で淡色)。葉柄は葉の基部が沿丅し不明瞭、縁は粗い歯状。花は少数、頂生及び腋生し、華やか、直径約2㎝、5個の花弁があり、筒部は短い。横向きにつく4個の花弁は蝶の羽根のように見え、薄青色~帯白色、下向きの1個の花弁はやや大きく濃青色~紫色。雄しべは4個、花の上に突き出る。花柱は長く、雄しべの上にかなり突き出て、弓形に曲がり、柱頭は2裂する。柱頭の枝は線形、先が尖る。果実は肉質の核果、直径約10㎜、2~4裂し、若い時は広がった萼に囲まれ、熟すと(赤色~)黒色になる。花期は6~9月。
 品種) 'Ugandense'= 'Butterfly Bush'= 'Papillon Blue'= 'Bblue Wing'

※ 日本国内でクレロデンドルム・パピヨンローズの名で販売されているピンク色の品種がある。
  国外ではClerodendrum 'Papillon Rose'の名では検索できず、Clerodendrum mastacanthum , Rotheca mastacantha, Rotheca mastacanthus, Rotheca macrodonta(Pink Butterfly Bush)の名で販売されているものが同じものだと思われる。ブルーエルフィン( Clerodendrum ugandense)によく似たピンク花の新品種である。Clerodendrum mastacanthumの学名は掲載先が不明。高さ1.5~3m、円錐花序に密に花がつく。花期は5~11月。 

 2  Rotheca incisa (Klotzsch) Steane & Mabb  アフリカ(ケニア、タンザニア、モザンビーク)原産。
    syn,  Clerodendrum incisum Klotzsch
    syn.  Clerodendrum macrosiphon Hook.f.
   英名は musical note , morning kiss , witches tongue
   低木、高さ2.5m以下。若枝には褐色の毛がある。葉は対生又は3個輪生し、楕円形~披針形、長さ1.7~13.5㎝、幅1.2~6㎝、先は尖鋭形、基部は漸尖形、縁に普通、粗くて深い切れ込んだ歯があり、2~4個の尖った歯が両側にありまばら~密に毛がある。葉柄は長さ2.5~8㎜。花序が頭花状、花が上向きに集まってつく。萼は長さ約5㎜、裂片は長さ1.5~3㎜。花冠は白色、朝早く、開花する。花冠筒部は5~9㎝、狭筒形、腺毛があり、花冠裂片は長さ8~15㎜。果実は長さ約7㎜、幅約9㎜、2~4裂し、無毛、乾くとしわがある。
 3  Rotheca serrata (L.) Steane & Mabb ウスギクサギ
    syn. Clerodendrum serratum (L.) Moon
   インド、スリランカ、マレーシア原産。
   英名はblue fountain bush , the blue-flowered glory tree , the beetle killer。中国名は三对节( san dui jie)。
 低木、高さ1~4m(普通2.4m以下)。小枝は濃い黄色の毛があり、とくに若枝の節に多く、暗褐色~灰黄色で無毛になる。葉は対生又は3個輪生し、葉柄は長さ5㎝以下又はほぼ無柄。葉身は長楕円形~倒卵状長楕円形、楕円形~卵形、長さ6~30㎝、幅2.5~11㎝、紙質、無毛、縁は類全縁~鋸歯縁~まばらに粗い鋸歯がある。葉先は尖鋭形~鋭形。葉脈は側脈が10~11対、葉裏で目立つ。、花序は頂生の円錐花序状の密穂花序、長さ25㎝以下、黄褐色の毛が密生し、集散花序はときに単出。苞は無柄、卵形~広卵形、長さ1.5~4.5㎝、幅0.5~1.8㎝、有毛。小苞は披針形~卵形。萼は長さ約5㎜、切形~小さな5歯があり、有毛。花冠は白色、帯青色又は帯紫色、花冠筒部は長さ約7㎜。花冠裂片は長楕円形~倒卵形、長さ6~12㎜、上側の4裂片はほぼ平ら、下側の1個の裂片は凹面。雄しべは長さ約2~4㎝、突き出て、基部は有毛。子房は無毛、花柱は長く突き出る。核果は肉質、若いときに緑色、熟すと黒色、類球形。花期、果期は6~12月。


 参考
1) Flora of Zimbabwe: Genus page: Rotheca
  Rotheca Raf.
  http://www.zimbabweflora.co.zw/speciesdata/genus.php?genus_id=1213
2) TFlora of Zimbabwe
  Rotheca myricoides (Hochst.) D.A. Steane & Mabb.
  http://www.zimbabweflora.co.zw/speciesdata/species.php?species_id=149090
3) JSTOR Global Plants ROTHECA incisa (Klotzsch) Steane & Mabb. [family LABIATAE] on ...
  ROTHECA incisa (Klotzsch) Steane & Mabb.
  http://plants.jstor.org/stable/10.5555/al.ap.flora.flos003240
TOP Back