ビロードモウズイカ  天鵞絨毛蕊花
[別名] ニワタバコ
[中国名] 毛蕊花 mao rui hua
[英名] common mullein ,woolly mullein
[学名] Verbascum thapsus L.
ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae  モウズイカ属
三河の植物観察
ビロードモウズイカの花
ビロードモウズイカの果実
ビロードモウズイカの星状毛
ビロードモウズイカの葉
ビロードモウズイカ
ビロードモウズイカ種子
ビロードモウズイカ枝分かれする星状毛
 明治の初に観賞用に渡来した。北海道には多く、夏に長野県でもよく目にする。三河でもJR線路脇で野生化したものが見られる。
 茎は直立する。全体にビロード状の白色の綿毛でおおわれている。綿毛の長いものは数段の輪生状に分岐した特異な形である。葉は互生し、基部の葉は短柄、長さ8~50㎝の倒披針形、普通、全縁、基部が茎に流れて翼になる。茎葉は無柄、長さ5~30㎝。茎頂に長さ20~30㎝の総状花序をつけ、黄色の花を密につける。苞は長さ12~18㎜。花冠や萼片に星状毛がある。萼は5深裂し、長さ7~9㎜。花冠は5裂し、直径15~25(30)㎜。雄しべは花糸に白色の毛が密生する。蒴果は長さ7~10㎜の卵形、星状毛が密生する。種子は長さ約0.7(実測0.67~0.75)㎜で多数。2n= 34, 36
[花期] 8~9月
[草丈] 100~200㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 河原、荒地
[分布] 帰化種  中国、ロシア、インド、ブータン、ネパール、パキスタン、西アジア、中央アジア、ヨーロッパ原産
[撮影] 幸田町 01.9.30
TOP Back