アズマツメクサ  東爪草
[中国名] 东爪草 dong zhao cao
[英名] water pygmyweed , pygmy weed
[学名] Tillaea aquatica L.
Crassula aquatica (L.) Schonl.
Hydrophilaaquatica(L.) House
ベンケイソウ科 Crassulaceae  アズマツメクサ属
三河の植物観察
アズマツメクサの淡紅色花
アズマツメクサの白花
アズマツメクサの花の鱗片状蜜腺
アズマツメクサの茎と果実
アズマツメクサの葉の基部
アズマツメクサの種子
アズマツメクサ
アズマツメクサ葉
アズマツメクサ果実
 和名の由来は全体にナデシコ科Caryophyllaceaeのツメクサに似て、関東地方で初めて発見されたことから。
 水生ときに地上生、1年草。草全体が古くなると赤味を帯びることが多く、茎は基部で分枝し、直立又は傾伏して先が立ち上がり、基部の節から繊維状の根を出す。葉は対生し、無柄。葉身は長さ2~6(8)㎜、幅約1㎜、倒披針形~線状披針形、多肉質、基部は膜状に合着し、先は鋭形、托葉はない。花はまばらにつき、腋生、まれに頂生、節ごとに1個つき、4数性(まれに5数性)。花柄は無柄又は長さ0.5~20㎜。萼片は長さ0.5~1.5㎜(Flora of China:約0.5㎜)、卵形~長楕円形、先は円形~鈍形。花弁は白色~淡紅色、長さ1~2㎜(Flora of China:約1㎜)の披針形~卵状長楕円形。雄しべは花弁より短い。葯は淡黄色。鱗片状蜜腺はへら状、赤色、心皮の長さの約1.5倍。心皮は卵状長楕円形。花柱は短い。袋果は直立し、4個に分かれ、ほぼ萼片と同長、赤くなることも多く、種子が6~17個入り、熟すと、先が開き種子を落とす。種子は長さ(0.3)0.4~0.5(0.6)㎜、幅0.1~0.3㎜(実測 長さ0.33~0.42㎜)、淡褐色、楕円形~長楕円形、パピラは無く、細かな小じわ(格子紋)がある。2n=42。(参考 Flora of north America 、Flora of China)
 国の絶滅危惧種には指定されていないが、大阪府など指定される都道府県が多くなってきている。
 北アメリカ~ユーラシア大陸まで広く分布しているものと同一と考えられている。ただし、萼片が短いなどの違いがある。吉良町内の数か所に点在するが、在来のものかは不明。いずれも、土壌に塩分のありそうな砂質の湿った場所である。
[花期] 3~6月
[草丈] 2~6(14)㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、塩性湿地、湖沼の縁、河川の土手
[分布] 在来種  北海道、本州、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、ヨーロッパ、北アメリカ
[撮影] 吉良町  06.4.1
TOP Back