アゼトウナ  畔唐菜
[学名] Crepidiastrum keiskeanum (Maxim.) Nakai
キク科 Asteraceae  アゼトウナ属
アゼトウナの花
アゼトウナの花
アゼトウナの雄しべ
アゼトウナの総苞
アゼトウナの蕾
アゼトウナ
アゼトウナ茎
アゼトウナ葉表
アゼトウナ葉裏
 愛知県内では渥美半島、佐久島、知多半島など生育地が限られる。伊良湖岬では11月中旬以降に花が満開になる。
 全体に無毛。茎は太く、這って広がり、ロゼット状になる。葉は厚く、倒卵形。葉先が円く、基部は次第に細くなって翼になり、縁に細かい鋸歯がある。根生葉は下半部が羽状に切れ込むことがある。頭花の直径は約1.5㎝、黄色の舌状花のみ。花期にはまだ早い時期に数株の花が見られることも多い。総苞は細長く、総苞片は2列。外総苞片は短い。
 ホソバワダンは日本海側の島根県、山口県から沖縄に分布する。葉先が尖り、全縁。根生葉は羽状に深裂することもある。
 ワダンは千葉県~静岡県、伊豆諸島に分布し、草丈が高く、葉幅が広く、全縁。
[花期] 9~11月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸の岩場
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(伊豆半島~紀伊半島)、四国、九州
[撮影] 渥美半島先端岩場 04.11.23
TOP Back