アワブキ  泡吹
[中国名] 多花泡花树 duo hua pao hua shu
[学名] Meliosma myriantha Siebold et Zucc.
アワブキ科  Sabiaceae  アワブキ属
三河の植物観察
アワブキ花序
アワブキ花序2
アワブキ花
アワブキ花横
アワブキ開きかけの蕾
アワブキ幹
アワブキ
アワブキ花弁等
アワブキ葉表
アワブキ葉裏
アワブキ葉裏の毛
 和名の由来は生木を燃やすと泡を吹くことから。
 樹皮は灰褐色、小さな楕円形の皮目がある。若枝や葉柄は茶色がかった毛がある。葉は単葉、互生し、葉柄は長さ5~15㎜、褐色の斜上毛が密生し、上面に溝がある。葉身は倒卵状楕円形~長楕円形、長さ8~30㎝、幅3.5~12㎝、膜質~紙質。若葉の葉表は緑色、毛が少なく、後に無毛になる。葉裏は淡緑色、脈が突出し、毛が多い。側脈は (10)20~25(28)対、直線状、枝分かれが少し見られ、鋸歯に達する。葉の基部は鈍形、葉縁は小さな鋸歯又は基部が全縁、先は短い鋭尖頭。本年枝の先端に円錐花序を直立する。円錐花序は長さ15~25㎝、有毛、枝は扁平で細長く、軸は3稜形。小花柄は短い。花は直径約3㎜、淡黄白色、芳香がある。萼片は3~5個、長さ約1㎜の卵形~広卵形、先が円形~鈍形、縁毛がある。花弁は5(又は3)個、外側の3(又は1個)は類円形、直径約1.5㎜、内側の2個は披針形、長さ約1.5㎜、全縁。雄しべは5個、1~2個が完全雄しべで披針形の花弁の基部につき、長さ1~1.2㎜。残りの仮雄しべは小さい鱗片状、類円形の花弁の基部につき、花柱の基部を包む。雌しべは長さ約2㎜。柱頭は線形。子房は淡緑色。花粉は黄色。果実は核果、倒卵形~球形、直径4~5㎜、赤色に熟す。核は褐色で硬い。
[花期] (5)6~7月
[果期] 9~10月
[樹高] 10~20m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 丘陵~山地の林内
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国
[撮影] 東栄町  15.6.10
TOP Back