アスナロ  翌檜
[別 名] アスヒ、アテビ、ヒバ
[中国名] 罗汉柏 luo han bai
[英 名] asunaro , hiba , hiba-arborvitae
[学 名] Thujopsis dolabrata (L.f.) Siebold et Zucc.
ヒノキ科 Cupressaceae  アスナロ属
三河の植物観察
アスナロの枝先
アスナロの葉表
アスナロの葉裏
アスナロの幹
アスナロ
アスナロ2
 日本固有種であるが世界で広く栽培され、栽培品種も多い。
 樹冠は円錐形。幹は赤褐色、樹皮は薄く縦に剥がれる。小枝は扁平、葉が十字対生し、側葉は舟形、上下葉は小さい。葉は長さ4~7㎜、幅1.5~2.2㎜の鱗片状、全縁、先は鈍形、質が厚い。葉表は光沢があり濃緑色。葉裏は白色の気孔帯が目立つ。 雌雄同株。雌花、雄花ともに、枝先に1個ずつつく。球果は直径1~1.5㎝の球形。果鱗は長さ6~10㎜の広卵形、背面が角状に突き出る。種子は長さ4~5㎜、幅3~3.5㎜、楕円形、厚い翼がある。
 ヒノキアスナロ(ヒバ、アテ) var. hondae 北海道(渡島半島南部)、本州(北部)に分布し、下北・津軽半島には青森ヒバと呼ばれる日本三大美林の1つがある。葉がやや小さく、球果の果鱗の背は突出が低い。
 フイリアスナロ(フイリヒバ)var. hondae 'Variegata'は斑入りの園芸種。
 ヒメアスナロ forma nana 'Nana'は高さが1m以下の矮性の園芸品種。
[花期] 5月
[樹高] 20~30m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 山地の尾根、湿った場所
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 豊橋市  15.3.31
TOP Back