アサギリソウ  朝霧草
[英名] silvermound artemisia
[学名] Artemisia schmidtiana Maxim.
キク科 Asteraceae (Compositae)  ヨモギ属
三河の植物観察
アサギリソウの花序
アサギリソウの頭花
アサギリソウの茎
アサギリソウ
アサギリソウ2
アサギリソウの葉の毛
 北海道、本州(中部地方以北の日本海側)、サハリン、千島列島に分布し、主に岩場に生える。観賞用に広く栽培されている。
 多年草又は小低木。茎は基部で分枝せず、むき出しになり、上部で多数分枝する。葉は有柄、長さ4~5㎝、羽状複葉、上部の葉の裂片は腺形、長さ1.5㎝。葉には密に銀白色の絹糸状の毛がある。頭花は穂状につき、柄があり、半球形。花は黄白色。総苞も銀白色の絹糸状の毛が密生する。
[花期] 7~10月
[草丈] 15~30(60)㎝
[生活型] 多年草又は低木
[生育場所] 山地、海岸の岩場、砂地
[分布] 在来種  北海道、本州(中部地方以北の日本海側)、ロシア
[撮影] 豊橋市(植栽) 15.10.14
TOP Back