アオツヅラフジ  青葛篭藤
[別名] カミエビ
[中国名] 木防己 mù fáng jǐ
[学名] Cocculus trilobus (Thunb.) DC.
Cocculus orbiculatus (L.) DC.
ツヅラフジ科 Menispermaceae  アオツヅラフジ属
三河の植物観察
アオツヅラフジ花序
アオツヅラフジ雄花
アオツヅラフジ雌花
アオツヅラフジの果実
アオツヅラフジ核
アオツヅラフジ
アオツヅラフジ葉
アオツヅラフジ葉
 葉は互生し、長さ3~12㎝の広卵形~卵心形、変化が多く、3裂することもある。全縁で、長さ2~4㎝の柄がつく。雌雄異株。夏に円錐花序に小さな黄白色の花を多数つける。雌花、雄花とも花弁も萼片も6個。花弁は先が2裂する。萼片も花弁と色が同じで、花弁より大きい。雄しべは6個、葯室はそれぞれ4個ある。雌しべは1個、子房が6個の心皮に分かれている。花後に心皮が離れ、各々が1個の果実になる。果実は直径約6㎜の核果、秋に熟し、藍黒色に白粉を被る。核は直径約5㎜、厚さ約3㎜、黄褐色、アンモナイトのような形をしている。2n=20。
 よく似たオオツヅラフジは葉が大きく、扁円形で、5~7裂する。
[花期] 7~9月
[樹高] 蔓性
[生活型] 落葉蔓性木本(藤本)
[生育場所] 低地の道端、林縁
[分布] 在来種 北海道、本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、台湾
[撮影] 豊田市  07.9.18
TOP Back