アオノツガザクラ   青の栂桜
[英名] Aleutian mountainheath
[学名] Phyllodoce aleutica (Spreng.) A. Heller.
Menziesia aleutica Sprengel
ツツジ科 Ericaceae  ツガザクラ属
アオノツガザクラの花序
アオノツガザクラの花
アオノツガザクラの蕾
アオノツガザクラの葉
アオノツガザクラ
アオノツガザクラ2
 和名は葉がツガに似て、花がやや緑色を帯びることに由来する。
 葉は互生し、長さ8~14㎜、幅約1.5㎜の広線形、密につく。茎頂に長い花柄を直立し、花を4~7個、固まってつける。花は長さ6~7㎜の淡黄緑色の壺形、先が浅く5裂し、横から下向きに開花する。雄しべ10個。蒴果は長さ約4㎜。
[花期] 7~8月
[樹高] 7~20㎝
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 高山の岩場、 草地
[分布] 在来種  北海道、本州(中部地方以北)、ロシア、アラスカ、カナダ
[撮影] 千畳敷  06.8.8
TOP Back