アオキ  青木
[別名] アオキバ 青木葉
[中国名] 青木 qing mu
[英名] Japanese Aucuba
[学名] Aucuba japonica Thunb.
アオキ科 Aucubaceae  アオキ属
三河の植物観察
アオキの雄花
アオキの雄花
アオキの雌花
アオキの白色の雄花
アオキの蕾と萼の裏
アオキの果実
アオキの果実の断面
アオキの核
アオキ
アオキ雄花序
アオキ雌花序
アオキ葉表
アオキの葉の裏
 旧分類(クロンキスト体系)ではアオキ属はミズキ科とされていたが、新分類(APG)ではアオキ属は独立科とされた。ガリア科 Garryaceae とすることも認められている。
 属名のアウクバは別名のアオキバに由来する。
 太陽光が少ない日陰に生え、幹まで緑色で、光合成する。葉は厚く、青々として表面に光沢がある。
 低木、上部でよく分枝し、高さ1~3m。樹皮は緑色、灰褐色の細い溝があり、皮目は横長、古くなると、灰褐色になり、縦に細かく裂ける。枝は2又分枝(dichotomous)、緑色、無毛、丈夫。冬芽は紡錘形、長さ約2㎝、芽鱗は先が尖り、3対つき、基部の1対は短い。葉痕は三角状半円形、維管束痕は3個。葉は対生、枝の上部に集まってつく。葉柄は長さ1~6㎝、無毛、上面に浅い溝がある。葉身は薄緑色、ときに、黄色の斑点の斑が入り、上面は光沢のある緑色、乾くと黒色になり、卵状長楕円形(狭楕円形~卵状楕円形、まれに広披針形)、長さ8~25㎝×幅2~12㎝、革質、基部は類円形又は広楔形、縁は上半部に2~4(~6)対の歯をもち、又は全縁、先は尖鋭形。雌雄別株。前年枝の枝先の円錐花序に花を多数つける。雄花序は円錐花序、長さ7~10㎝、有毛。雌(心皮のある)花序は短い円錐花序、長さ (1~)2~3㎝、有毛。雄花、雌花ともに直径約1㎝、花弁は4個。萼筒は長卵形、先端に萼歯が4個ある。雄花は有毛。花弁は長卵形(Flora of China:類卵形又は卵状披針形)、長さ3.5~4.5㎜×幅2~2.5㎜、先は短い有尖形、長さ約0.5㎜。雄しべは長さ約1.25㎜、葯は淡黄色。雌しべは退化。花柄は長さ3~5㎜。雌花(心皮のある花)は紫赤色又は暗赤色、外面は無毛。花弁は類卵形~楕円状披針形、先は尾状。子房はまばらに有毛。花柱は頑丈。柱頭は斜め(又は片側に傾く)。雄しべは無い。花柄は長さ2~3㎜、有毛、小苞は2個つく。果実は赤色(Flora of China:暗紫色又は黒色)、長楕円形~卵状長楕円形(Flora of China:卵形)、長さ1.5~2㎝×直径5~7㎜。核は1個、長さ13~15㎜×幅7~8㎜、長楕円形、中央に1本の溝がある。 2n = 16, 32。
[花期] 3~5月 [果期] 12~5月
[樹高] 1~3m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種  日本(北海道南部~沖縄)、朝鮮、中国
[撮影] 五井山 13.4.11

 アオキ属 

  family Aucubaceae - genus Aucuba

 高木又は低木。枝は葉痕が目立ち、しばしば、若い時に毛があり、古くなると無毛。葉身は普通、緑色又はときに黄色~帯黄色~白色の斑点の斑が入り、葉形は様々で、披針形~倒心形、有毛又は無毛、葉脈は下面に盛り上がり、しばしば上面で凹み、側脈は普通、縁に達する前に結合して縁の歯に伸び、鋸歯縁、腺のある鋸歯縁、又は歯状、まれに全縁。雄花序は長さ (2~)7~15㎝、円錐花序又は総状花序状の円錐花序、ピラミッド形又は円筒形。雌(心皮のある)花序は円錐花序、短く、長さ1~5㎝。咢片は小さく、三角形又はわずかに円形。花弁は離生、敷石状、紫赤色、黄色又は緑色、長円形又は卵形、先は尖鋭形又は尾状。雄花は花糸が千枚通し状(awl-shaped) 。葯は背着、まれに多方向、室は2個、まれに1室、縦の隙間から裂開する。花盤は肉質、わずかに4裂する。心皮のある花では咢片と花弁が子房の基部に関節をもち、1又は2個の小苞が基部につく。果実は円筒形又は卵形。2n = 16, 32。
 世界に10種あり、日本、朝鮮、中国、インド、ブータン、ミャンマー、ベトナムに分布する。


 アオキ属の主な種と園芸品種

 1  Aucuba chinensis Benth.  タイワンアオキ 台湾青木
 中国、台湾、ミャンマー、ベトナム原産。中国名は桃叶珊瑚 tao ye shan hu

 2  Aucuba himalaica Hook.f. et Thomson  ヒマラヤアオキ 
 中国、インド、ブータン、ミャンマー原産。中国名は喜马拉雅珊瑚 xi ma la ya shan hu

 3  Aucuba japonica Thunb.   アオキ 広義
 日本(北海道南部~沖縄)、朝鮮、中国、台湾原産。中国名は青木 qing mu 。英名はJapanese-laurel , spotted-laurel 。照葉樹林内に多いが、明るい雑木林や植林地にも生える。
 低木、上部でよく分枝し、高さ1~3m。樹皮は緑色、灰褐色の細い溝があり、皮目は横長、古くなると、灰褐色になり、縦に細かく裂ける。枝は2又分枝(dichotomous)、緑色、無毛、丈夫。冬芽は紡錘形、長さ約2㎝、芽鱗は先が尖り、3対つき、基部の1対は短い。葉痕は三角状半円形、維管束痕は3個。葉は対生、枝の上部に集まってつく。葉柄は長さ1~6㎝、無毛、上面に浅い溝がある。葉身は薄緑色、ときに、黄色の斑点の斑が入り、上面は光沢のある緑色、乾くと黒色になり、卵状長楕円形(狭楕円形~卵状楕円形、まれに広披針形)、長さ8~25㎝×幅2~12㎝、革質、基部は類円形又は広楔形、縁は上半部に2~4(~6)対の歯をもち、又は全縁、先は尖鋭形。雌雄別株。前年枝の枝先の円錐花序に花を多数つける。雄花序は円錐花序、長さ7~10㎝、有毛。雌(心皮のある)花序は短い円錐花序、長さ (1~)2~3㎝、有毛。雄花、雌花ともに直径約1㎝、花弁は4個。萼筒は長卵形、先端に萼歯が4個ある。雄花は有毛。花弁は長卵形(Flora of China:類卵形又は卵状披針形)、長さ3.5~4.5㎜×幅2~2.5㎜、先は短い有尖形、長さ約0.5㎜。雄しべは長さ約1.25㎜、葯は淡黄色。雌しべは退化。花柄は長さ3~5㎜。雌花(心皮のある花)は紫赤色又は暗赤色、外面は無毛。花弁は類卵形~楕円状披針形、先は尾状。子房はまばらに有毛。花柱は頑丈。柱頭は斜め(又は片側に傾く)。雄しべは無い。花柄は長さ2~3㎜、有毛、小苞は2個つく。果実は赤色(Flora of China:暗紫色又は黒色)、長楕円形~卵状長楕円形(Flora of China:卵形)、長さ1.5~2㎝×直径5~7㎜。核は1個、長さ13~15㎜×幅7~8㎜、長楕円形、中央に1本の溝がある。花期は3~5月。果期は12~5月。 2n = 16, 32。
品種) 'Angelon' (f/v) , 'Angustifolia' , 'Bicolor' (m/v) , 'Clent Wortley Hall' (m) , 'Copdock Seedling' (f) , 'Crassifolia' (m) , 'Crotonifolia' (f/v) , 'Crotonifolia' (m/v) , 'Dentata' (f) , 'Derby Gold' , 'Elegans' (f/v) , 'Elegantissima' (m/v) , 'February Star' (f/v) , 'Gold Dust' (f/v) , 'Gold Splash' (v) , 'Golden Girl' (v) , 'Golden King' (m/v) , 'Golden Spangles' (f/v) , 'Golden Wonder' , 'Grandis' (m) , 'Hillieri' (f) , 'Hirose' , 'Hosoba-hoshifu' (f/v) , 'Latiomaculata' (v) , 'Leucocarpa' (f) , 'Limbata' , 'Longifolia' , 'Luteo-marginata'=A. japonica f. fukurin フクリンアオキ , 'Macrophylla' (f) , 'Maculata' (m/v) , 'Marmorata' (v) , 'Mr Goldstrike' (m/v) , 'Nabaku' , 'Nana Rotundifolia' (f) , 'Nana Vera' , 'Natsu-No-Kumo' , Pepper Pot = 'Shilpot' (m/v) , 'Peppermint' , 'Pepperspot' (PBR) (m/v) , 'Picta' (v) , 'Picturata'=A. japonica f. nakafu ナカフアオキ , 'Pink Champagne' (f) , 'Polaris' , 'Rozannie' , 'Rozannie' (f/m) , 'Shilpot' , 'Shugetsu' , 'Speckles' (m/v) , 'Subaru' , 'Sulphurea' , 'Sulphurea Marginata' (f/v) , 'Tatsumaki' , 'Variegata' (f/v) フイリアオキ , 'Variegata' white-flowered (m/v) , Windsor form (f) , 'Wisley Dwarf' , 'Wykehurst' (v) ,
3-1 Aucuba japonica Thunb. var. japonica  アオキ 青木 [狭義]
   synonym Aucuba japonica Thunb. f. brachyphylla (Honda) H.Hara
 東北(岩手県以南)~四国東部の太平洋側に分布する。2n=32(4倍体)
3-1-1 Aucuba japonica Thunb. 'Variegata'  フイリアオキ 斑入青木
   synonym Aucuba japonica var. variegata Dombrain
 中国名は花叶青木 hua ye qing mu 。黄色~淡黄色の斑入りの品種
3-1-2 Aucuba japonica Thunb. f. leucocarpa (Matsum. et Nakai) Ohwi  シロミノアオキ
 果実が白色の品種
3-1-3 Aucuba japonicaThunb. f. longifolia
 栽培種の長葉の品種。英名はlong-leaved spotted laurel
品種) 'Angustata' (m) , 'Lance Leaf' (m) , 'Longifolia' (f) , 'Salicifolia' (f) ,
3-1-4 Aucuba japonica Thunb. f. luteocarpa (Dombrain) Rehder  キミノアオキ
 果実が黄色の品種
3-1-5 Aucuba japonica Thunb. f. viridiflora Makino  アオバナアオキ
 花が緑色の品種
3-2 Aucuba japonica Thunb. var. borealis Miyabe et Kudo   ヒメアオキ 姫青木
   synonym Aucuba japonica Thunb. var. borealis Miyabe et Kudo f. angustifolia Nakai
 日本海側多雪地帯に自生する変種。アオキよりひとまわり小さい。高さは約1m以下。幹は強靭でやや横に這い、斜上する。花期は3~5月。
3-2-1 Aucuba japonica Thunb. var. borealis Miyabe et Kudo f. albivariegata Nakai  ホシテンヒメアオキ
3-2-2 Aucuba japonica Thunb. var. borealis Miyabe et Kudo f. rugosa Sugim.  ウチダシヒメアオキ

3-3 Aucuba japonica Thunb. var. ovoidea Koidz.  ナンゴクアオキ 南国青木
   synonym Aucuba japonica Thunb. var. australis H.Hara et S.Kuros. 
 西日本(中国・四国地方以西)~沖縄に分布する。2n=16(2倍体)。形態的には狭義のアオキと同じ。

 参考

1) Flora of China
 Aucuba
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=103138
2) 山渓ハンディ図鑑4
 アオキ
3) GRIN
 Aucuba
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=1156

TOP Back