アオホオズキ  青酸漿
[学名] Physaliastrum savatieri (Makino) Makino
Physaliastrum japonicum (Franch. et Sav.) Honda
ナス科 Solanaceae  イガホオズキ属
三河の植物観察
アオホオズキの花
アオホオズキの花2
アオホオズキの花内側
アオホオズキ
アオホオズキ葉
 国の絶滅危惧Ⅱ類。愛知県絶滅危惧Ⅱ類。愛知県内の分布は東三河北部に限られる。
 茎は柔らかく、まばらに分枝する。葉は互生し、長さ5~12㎝、幅1.5~4㎝の長楕円形。葉の基部は細くなり、長さ約1㎝の柄がつく。花は葉液に下向きに1、2個つき、垂れ下がる。花冠は直径約1.5㎝の広鐘形、淡緑色で、先が5つに浅く分かれる。液果は緑色、長さ1~1.3㎝、幅0.7~1㎝の楕円形。花後に長さ1.3~2㎝に肥大した緑色の扁平な壷状の萼に包まれ、萼の表面に刺状の短毛がある。
 イガホオズキ Physaliastrum echinatum が、FRPS(Flora of China project)で、誤ってPhysaliastrum japonicum とされたことがある。
[花期] 6~7月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 山地の湿った陰地
[分布] 在来種(日本固有種)  本州、四国
[撮影] 稲武町 05.6.5
TOP Back