アキノウナギツカミ  秋の鰻攫
[別名] アキノウナギヅル 秋の鰻蔓
[中国名] 箭头蓼 jian tou liao
[学名] Persicaria sieboldii (Meisn.) Ohki
Polygonum sieboldii Meisn.
Polygonum sagittatum L. subsp. sieboldii (Meisn.) Vorosch
Polygonum sagittatum L. var. sibiricum Meisn.
Persicaria sagittata (L.) H.Gross 広義
タデ科 Polygonaceae  イヌタデ属
三河の植物観察
アキノウナギツカミ小さい花序
アキノウナギツカミの大きい花序
アキノウナギツカミの花
アキノウナギツカミの葉基部
アキノウナギツカミの托葉鞘
アキノウナギツカミの茎
アキノウナギツカミの茎2
アキノウナギツカミ
アキノウナギツカミ花序横
アキノウナギツカミ果実
アキノウナギツカミ葉表
アキノウナギツカミ葉裏
 タデ属 Polygonum で分類されることが多い。東アジアに分布するPolygonum sieboldii と北アメリカに分布するPolygonum sagittatumを分けることは難しいとの見解もあり、これが主流になってきている。この場合には広義にPersicaria sagittata とし、アキノウナギツカミを含めてウナギツカミする。最近の遺伝子的な分析により両者にはいくぶん差異が認められ、多形性又は変種と認めることはできるが、別種とするのは難しいとされている。形態的な差異は葉の縁毛と果実の光沢。
 茎は4稜形、基部が横に這い、つる状に伸び、稜に下向きの短い刺が多い。葉は互生し、葉柄は茎の上部では短く、下部では明瞭、幼時には明瞭な葉柄がある。葉身は長さ5~10㎝、幅1~2㎝の卵状披針形~長披針形、葉先は鋭頭、基部が矢じり形で茎を抱く。托葉鞘は膜状、長さ約1㎝の斜めの切形(三角形)、縁毛はなく、若いときは円筒状。花は枝先に10数個、頭状に固まってつく。花序の幅は大きいもので1㎝程度。花被は長さ3~3.5㎜、5深裂し、先が淡紅色の白色で、まれに先が紅色にならない白花のものも見られる。花序柄には腺毛はない。痩果は長さ約2.5㎜、黒色の3稜形、光沢はあまりない。
 よく似て、春咲くのがウナギツカミであり、つる状に伸びない。
 Persicaria sagittata =Polygonum sagittatum var. sagittatum (arrowleaf tearthumb) は北アメリカに自生する。葉は長さ2~8.5㎝、幅1~3㎝、縁毛があり(無いこともある)、葉柄が長さ0.5~4㎝。葉鞘は帯褐色、長さ (3)5~13㎜、円筒状、紙質、雄しべ8個。痩果は長さ 2.5~4㎜、幅1.8~2.5㎜、3稜形、光沢がある(鈍いこともある)。2n=40
 ヤノネグサは茎が横に這い、茎が赤色を帯びることが多い。茎がほとんど緑色のものもあり、この場合は全体の様子がやや似ている。葉は基部が広切形~円形~類心形で、明瞭な葉柄がある。托葉鞘が筒形。花序が穂状。花序柄と苞に赤色の腺毛が目立つ。果実は光沢がある。
[花期] 6~10月
[草丈] 60~100㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 湿った場所
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、モンゴル、インド、ロシア
[撮影] 三ヶ根山  13.10.18
TOP Back