アイアシ  間葦
[中国名]

束尾草 shu wei cao

[学名] Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi
イネ科 Poaceae  アイアシ属
三河の植物観察
  
アイアシの花序
アイアシの花序2
アイアシの小穂
アイアシ
アイアシの葉
 和名はヨシ(アシ)に似ているが別なものという意から。葉はアシとよく似ているが、果穂は全く違う。汽水域の河口など塩性湿地に生える。
  根茎が地中を這って広がる。全体に強靱、稈は直立し、直径3~10㎜。葉鞘は無毛、平滑、節間より長い。葉は長さ10~40㎝、幅1.5~3㎝、葉の中央脈が白い。葉舌は円く、長さ0.5~3㎜。花序は掌状に並んだ3~10個の長さ20㎝以下の総状花序からなる。小穂は硬く、花軸に密着してつき、有柄小穂と無柄小穂がある。無柄の小穂は長さ8~10㎜、節間とほぼ同長。苞頴は竜骨があり、第1苞頴はざらつき、第2苞頴には小刺状の毛がある。有柄小穂は有柄小穂と似ていて、小梗が節間と似ている。
[花期] 6~8月
[草丈] 100~200㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸、河口
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 田原市 06.8.6

 アイアシ属

  Familia: Poaceae - genus Phacelurus

 多年草、稈はしばしば強靱。葉身は線形まれに円柱形。葉舌は膜質。花序は頂生、総状花序、普通、類掌状、まれに、伸びた軸に沿って広がり、又は単生。総状花序は平らになり、対の小穂をつけ、水平につながり、しばしば、かなり遅く脱落する。花軸(rachis)の節間は膨張~棍棒形になり、無毛、基部は切形、ときに、中央にクギがある。無柄の小穂は平ら、凸面又は背面全体が凹面。第1苞頴(lower glume 外頴)は披針形~卵形、膜質~革質、平滑、縁に竜骨が2本又は丸い。第2苞頴(upper glume 内頴)は舟形、第1(下部の)小花は雄性又は不稔(barren)、内頴(palea)は有又は無、上部の小花は両性、護頴( lemma)には芒がなく、全縁。有柄の小穂は無柄の小穂に似ているが、普通、小さく、わずかに側面が圧縮され、花軸の節間付近につく。
 世界に9種があり、旧大陸の熱帯からヨーロッパ南東部の北側に広がり分布する。日本にはアイアシ1種が分布し、中国には3種が分布する。
【アイアシ属の種】
 Phacelurus cambogiensis (Balansa) Clayton , Phacelurus digitatus (Sm.) Griseb. , Phacelurus franksae (J.M.Wood) Clayton , Phacelurus gabonensis (Steud.) Clayton , Phacelurus huillensis (Rendle) Clayton , Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi[アイアシ] , Phacelurus schliebenii (Pilg.) Clayton , Phacelurus speciosus (Steud.) C.E.Hubb. , Phacelurus zea (C.B.Clarke) Clayton

 アイアシ属の主な種

 1  Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi  アイアシ
    synonym Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi var. angustifolius (Debeaux) Kitag.
    synonym Phacelurus latifolius (Steud.) Ohwi f. angustifolius (Debeaux) Kitag.
 日本、朝鮮、中国原産。中国名は束尾草(shu wei cao)
 多年草、根茎は強靱、鱗片があり、地中を広がる。稈は根茎の節から束生し、直立、高さ1~2m、直径3~10㎜、多数の節がある。葉鞘は平滑、無毛、普通、節間より長く、重なる。葉身は線状披針形、強靭、長さ10~40㎝、幅1.5~3㎝、無毛又はまばらに伏毛があり、基部は円形、縁はざらつき、先は漸鋭形。葉舌は円形、長さ0.5~3㎜。総状花序は長さ20㎝以下、堅く、ほぼ直立し、しばしば白粉状。花序軸(rachis)の節間は強く、長楕円状楔形、鋭い3角(かど)があり、長さは花柄と同長又はわずかに短い。無柄の小穂は長さ8~10㎜、節間と同長。カルス(callus)は無毛。第1苞頴(lower glume)は線状披針形、革質、背面は凹面、縁に竜骨があり、竜骨はざらつく。第2苞頴(upper glume)は先に向かって竜骨の上に小刺がある。第1小花は雄性、内頴がある。上部の小花の護頴や内頴はほぼ等長。花柱は合着し、長く、先が2分岐する長い羽毛状の柱頭に続く。有柄の小穂はよく発達し、わずかに側面が圧縮し、弱く曲がる。小梗は節間に似ている。花期、果期は夏~秋。
 2  Phacelurus trichophyllus S. L. Zhong,   
  中国(四川省、雲南省)原産。中国名は毛叶束尾草(mao ye shu wei cao)
 3  Phacelurus zea (C. B. Clarke) Clayton 
  中国、インド、ネパール、ブータン、ミャンマー、タイ、ベトナム原産。
  中国名は 黍束尾草 (shu shu wei cao)
TOP Back