アブノメ  虻の目
[別名] パチパチグサ
[中国名] 虻眼 meng yan
[英名] horsefly's eye
[学名] Dopatrium junceum (Roxb.) Buch.-Hamil. ex Benth.
オオバコ科 Plantaginaceae  アブノメ属
三河の植物観察
アブノメの花
アブノメの花2
アブノメの花3
アブノメの葉
アブノメの茎
アブノメ
アブノメの葉
 和名は果実がつく様を蛇の目にたとえたもの。別名は茎をつぶすとパチパチ音がすることから。科はゴマノハグサ科からオオバコ科に移動された。
 根はひげ根。茎は多肉質、中空、直立し、基部で分枝し、上部では枝分かれしない。葉は対生し、無柄。下部の葉は長さ1~2.5㎝、幅3~5㎜の披針形~線状長楕円形、鈍頭、上部の葉ほど小さくなり、鱗片状になる。花は葉腋につき、下部の花は閉鎖花となる。花柄は長さ1~2㎜、花後に約7㎜に伸びる。萼は長さ1.5~2㎜の鐘形、先が5裂する。花冠は長さ4~5㎜の淡紫色の唇形、下唇は2裂して長く、上唇は3裂して直立する。雄しべは2個が上唇側につき、下唇側に仮雄しべ2個がつく。果実は直径2.5~3㎜の球形。種子は長さ約0.5㎜の卵形~惰円形、表面が網状。2n=48。
[花期] 8~10月
[草丈] 5~20(30)㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] やや湿った場所
[分布] 在来種  本州(福島県以南)、四国、九州,、沖縄、中国、台湾、インド、ブータン、スリランカ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、オーストラリア、オセアニア
[撮影] 幡豆町 05.9.23
TOP Back