三河の植物観察Flora of Mikawa
Last update 15/3/2017 
TOP 三河とは 三河の名がつく植物 三河観察地案内 三河情報リンク 見かけた昆虫

 三河地方の植物・地衣類・きのこなどを紹介

掲載種 2885
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

カンヒザクラ
最近の状況
 3月9日にカワヅザクラが満開になっていた。このとき、カンヒザクラもほぼ満開になっていたが、花が開ききらないのでまだ蕾のように見える。カワヅザクラの親はこのカンヒザクラとソメイヨシノであり、開花の時期がカンヒザクラとほぼ同じになっている。この時期まだソメイヨシノなどの他のサクラは蕾が大きくなっていない。同じようにカンヒザクラを親にもつ、オカメザクラの花が1輪だけ咲いていた。3月15日にはカラミザクラの蕾が大きくなり、もうすぐ開花する。
 黄色のゴールデンクロッカスが咲き、紫色のハナサフランはまだ蕾だった。クロッカスについて調べたところ、思ったより栽培品種が多く、花の色だけではゴールデンクロッカスかハナサフランか判別することはできない。ゴールデンクロッカスに似た黄色の花をつけるのはCrocus ancyrensis、キバナサフラン (Crocus flavus) などである。ハナサフランに似て花が紫色のサフランは秋咲きである。サフランと聞くと、美味しいサフランライスを思い出す。
最近の追加
 ヒカゲシビレタケ、オオコゲチャイグチ、ホオベニシロアシイグチ、クリイロニガイグチ、ゴンゲンタケ、ヒメコウジタケ、ヒメロクショウグサレキン、ニセネズミシメジ、ミカワクロアミアシイグチ、ニセネズミシメジ、シワチャヤマイグチ、ヒナアンズタケ、アヤメイグチ、オニイグチ、ベッコウタケ、チシオタケ、チャミダレアミタケ、センボンイチメガサ、アオゾメタケ、ワタゲナラタケ、テングタケモドキ、ミダレアミタケ、クロゲシジミタケ(類似種),、アシグロタケ、オシロイタケ、クリゲノチャヒラタケ、カイメンタケ、チャヒラタケ、アザニガイグチ、コタマゴテングタケ、ヒメシロアミタケ、ニセフウセンタケ、ヨゴレキアミアシイグチ、キコガサタケ、クサミノシカタケ、トガリフクロツチグリ、チャツムタケ、ニレサルノコシカケ、カワウソタケ、タヌキノチャブクロ、コカブイヌシメジ、ハエトリシメジ、ヒノキオチバタケ類似種、ムラサキゴムタケ、ウラベニホテイシジミ、コツブノコアラホウキタケ、ハタケチャダイゴケ、キシワタケ、ケモミウラモドキ、マメキンカン、コダチダリア、チョコレートコスモス、キャラボク、シマトネリコ、ダリア、ハボタン、シラビソ、オオシラビソ、キャベツ、ヒナギク、シロバナスイセン、キブサズイセン、ヤエスイセン、ヒメキンギョソウ、スイセン・グランドモナーク、ゴールデンクロッカス、スイセン・テタテットゥ
愛知県の三河地方の野草をはじめ、植物観察会などで見られた野草等の見分け方を図鑑形式で解説。野草保護地などの地図案内も掲載。
三河湾
自然観察では、野草だけでなく、樹木、シダ類、蘚苔類、地衣類、キノコ、昆虫など、自然の中で感動するものにあふれている。いつまでもこの貴重な自然を残したい。
塩性湿地の植物
ミカワエビ
Since October 30.2002