三河の植物観察Flora of Mikawa
Last update 10/11/2016 
TOP 三河とは 三河の名がつく植物 三河観察地案内 三河情報リンク 見かけた昆虫

 三河地方の植物・地衣類・きのこなどを紹介

掲載種 2859
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

ルリミノキ
最近の状況
 11月になり、少し寒くなり、そろそろルリミノキの果実が熟す頃と思い岡崎に出かけた。ルリミノキの瑠璃色に熟した果実を始めて見ることができた。ルリミノキよりセンリョウがたくさんあったが果実が赤くなっていたのは1本だけであり、これから赤くなるものの方が多い。ルリミノキとセンリョウは同じような場所に生える。木の形、葉の形、果実のつき方や色も違うが葉の光沢と葉の色がよく似ている。イズセンリョウも同じような場所に生えていたが、果実が白色になっているものはまだ見られなかった。
 あいかわらずきのこの散策を続けている。カイメンタケと思われるものを見つけた。管孔面が灰色で、管孔がなく、上面は橙褐色のビロード状で特徴があり、図鑑を見ればすぐわかると思ったが、一致するものはなく、あきらめていた。3日後に、偶然、よく似た写真を発見し、採取したものを再確認したところ、管孔が現われ、カイメンタケだろうということがわかった。生えていた木はマツでは無く、アベマキである。日本では針葉樹以外に確認されているのはエゾヤマザクラやヤマザクラの記録だけであるが、北アメリカではコナラ属などでも発生が確認されている。カイメンタケ類似種が他に見つからなかったため、カイメンタケとした。
最近の追加
 ツブカラカサタケ、ニガイグチ、チチアワタケ、ムラサキヤマドリタケ、キミズゴケノハナ、ヤシャイグチ、ニオイコベニタケ、キヒダタケ、コオニイグチ、コツブタケ、シュイロハツ、ヒメコガネツルタケ、ヒロハウスズミチチタケ、コクサウラベニタケ、クロアシボソノボリリュウ、ニクウスバタケ、アカコウヤクタケ、ウズラタケ、ニオイキシメジ、ツチスギタケ、ヒメキシメジ、ヒカゲシビレタケ、オオコゲチャイグチ、ホオベニシロアシイグチ、クリイロニガイグチ、ゴンゲンタケ、ヒメコウジタケ、ヒメロクショウグサレキン、ニセネズミシメジ、ミカワクロアミアシイグチ、ニセネズミシメジ、シワチャヤマイグチ、ヒナアンズタケ、アヤメイグチ、オニイグチ、ベッコウタケ、チシオタケ、チャミダレアミタケ、センボンイチメガサ、アオゾメタケ、ワタゲナラタケ、テングタケモドキ、ミダレアミタケ、クロゲシジミタケ(類似種),、アシグロタケ、オシロイタケ、クリゲノチャヒラタケ、カイメンタケ、チャヒラタケ、アザニガイグチ、コタマゴテングタケ、ヒメシロアミタケ、ニセフウセンタケ、ヨゴレキアミアシイグチ、キコガサタケ、クサミノシカタケ、トガリフクロツチグリ、チャツムタケ、ニレサルノコシカケ、カワウソタケ、タヌキノチャブクロ
愛知県の三河地方の野草をはじめ、植物観察会などで見られた野草等の見分け方を図鑑形式で解説。野草保護地などの地図案内も掲載。
三河湾
自然観察では、野草だけでなく、樹木、シダ類、蘚苔類、地衣類、キノコ、昆虫など、自然の中で感動するものにあふれている。いつまでもこの貴重な自然を残したい。
塩性湿地の植物
ミカワエビ
Since October 30.2002