三河の植物観察Flora of Mikawa
Last update 18/12/2017 
TOP 三河とは 三河の名がつく植物 三河観察地案内 三河情報リンク 見かけた昆虫

 三河地方の植物・地衣類・きのこなどを紹介

掲載種 2988
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

バラ 緑光
最近の状況
 12月16日に西尾の憩いの農園に出かけた。かなり寒くなったが、まだ、屋外の四季咲きのバラの花がたくさん残っていた。上の写真は緑光である。葉はいずれもかなり痛んできている。クリスマス用や正月用の花が売られていた。ハボタン、パンジー、シクラメン、シンピキューム、ポインセチア、クリスマスローズ、ギョウリュウバイなど馴染みのものが多い。赤い実のなる木も多く、センリョウ、マンリョウ、セイヨウヒイラギ、ヒメリンゴがなど種類が多い。
 見慣れたもののほかに、小さなチェッカーベリーという赤い実のなる木がたくさん売られていた。チェッカーベリー(checkerberry)は和名が姫柑子(ヒメコウジ)という。学名はGaultheria procumbens、北アメリカの東部原産で、6~7月にアセビに似た白色の釣鐘形の小さい花をつけ、冬の長期間は赤い実が観賞できる。果実は幅6~9㎜ほどの赤色の蒴果で、teaberry と呼ばれ、肉質の赤色の咢が長さの1/2ほど果実に合着する。果実は食べられるとされ、ハッカやペパーミントに似た風味があるが、不味いらしい。
最近の追加
 ベニバナ、コエビソウ、クササンタンカ(ペンタス)、キョウオウ(春ウコン)、クルクマ・シャローム、ブルー・ファン・フラワー、ホソバアンゲロンソウ(アンゲロニア)、トウワタ、ピンクノウゼンカズラ、フサフジウツギ、ルリトウワタ、キャットテール、シラサギカヤツリ、アメリカンブルー、アマミコウスイボク、カロミア(パープル・チャイニーズハット)、ヒメガンクビソウ、コンロンカ、ヤハズカズラ、ブルーエルフィン (ブルーウイング)、ハナウリクサ、シコンノボタン、シコンノボタン・コートダジュール、イヌヤマハッカ、ウスイロイヌヤマハッカ、ムラサキアブラシメジモドキ、ウスタケ、アカエノズキンタケ、シロツチガキ、ミドリネナシカズラ、カレエダタケ、キソウメンタケ、ミカエリソウ、シロバナミカエリソウ、パンジー、ツリガネタケ、ヨウシュクモマソウ、オノエマンネングサ、ニワナズナ(アリッサム)、オランダアヤメ、シュッコンタバコ、オオフクロタケ、センジュギク(マリゴールド)、テングタケダマシ、ワサビタケ、クサハツ、オトメノカサ、フウセンタケモドキ、アカシミヒメチチタケ、サガリハリタケ、ツヤウチワタケモドキ、ウズタケ、ウラギンタケ、ヌメリササタケ、シロシメジ、ニカワチャワンタケ、イドタケ、コウオウソウ、ミョウガ、ヤマヒガサタケ、ツチヒラタケ、アカバシメジ、オオボタンタケ、セイロンライティア、シボリカタバミ、コバヤシアセタケ、カシサルノコシカケ、モミジタケ、ウスキアナタケ、キンイロアナタケ、イソトマ、ヤモメカズラ、マルバカイドウ、トキワマガリバナ、フキタンポポ、シュッコンネメシア
愛知県の三河地方の野草をはじめ、植物観察会などで見られた野草等の見分け方を図鑑形式で解説。野草保護地などの地図案内も掲載。
三河湾
自然観察では、野草だけでなく、樹木、シダ類、蘚苔類、地衣類、キノコ、昆虫など、自然の中で感動するものにあふれている。いつまでもこの貴重な自然を残したい。
塩性湿地の植物
ミカワエビ
Since October 30.2002